注文住宅の借入金額。このように決めました!

注文住宅を立てる事にしたのですが、完成した物を買うわけではないので一番の不安はお金の問題でした。

トータルでいくらかかって、住宅ローンは毎月いくらはらうのか?ショールームで現物を見ても殆どがオプション扱いの物ばかりで、全く見当がつきませんでした。

また土地や建物以外で一体いくらかかるのか?雲を掴むような気分でした。

宣伝みたいになって申し訳無いのですが、スーモカウンターでレクチャーを受けました。ここで土地や建物以外でどんな費用が掛かるのかを勉強しました。更地などの土地は水道や電気の敷設もあるので、その点も考慮して選ぶ必要がある事がわかりました。

勉強したことをもとに月々の支払いの目安を当時住んでいたアパートの家賃に設定しました。

その後、ハウスメーカー経由で知り合ったファイナンシャルプランナーさんに家計のシミュレーションをしていただき、自分達が設定した金額で無理ない事が分かって安心しました。

注文住宅は必ず予算オーバーします。我が家も当初の予算の2割増でした。住宅ローンの借入金額はその事を考慮して決定する事をお勧めいたします。

また借入金の増額はその都度審査が必要になるので、時間がかかりますが、減らすことは簡単です。(金融機関によって異なるかもしれませんが、金消契約締結の際に口頭で減らしてもらいました)

少し多めに審査をかけてもらい、借入金が余ったら減額する。かなりオススメです、