マイホームの頭金を貯めることを目標に!


「マイホームを建てる際に頑張ったことは?」と言われたら、それは頭金を貯めたことです。なんとしてでも「私がマイホームの頭金を貯めなければ!」と、躍起になりましたよ。

マイホーム資金として、土地代はうちの旦那が独身時代からの貯金も使って出すこととなったのです。それならば私は、マイホーム自体の建設費用の一部ぐらいは負担しなければならないーと、自分で思ったのですよね。

ですからマイホームを建てるのならば、なんとしてでも「頭金を貯める!」と躍起になったのです。これで、私が働いているのでしたら、頭金を貯めることぐらいなんてことないのかも知れませんが、しかしマイホームを建てることを決めた当時の私は、乳飲み子を抱えた専業主婦でしたから、そこから頭金を出すなんて容易ではないことでした。

しかしマイホーム完成の目標を「子供が小学校に入学する前までには!」と、時期を定めて、そして節約と仕事探しに励みました。仕事が決まったのは、結局子供が3歳になる頃でしたが、それからパートタイムで3年働き、なんとか頭金を用意しました。この点でもマイホームへの達成感はありますね。

工務店を探しながら、神戸の家づくりのお金についても勉強することが重要でした。
わが家の場合は、夫婦での話し合いの末に、次のような形で解決しました。土地代は二人がお金を折半して名義は妻である私名義。そしてマイホームの建設費は旦那が住宅ローンで支払う方向となりました。そして建物は旦那名義です。なお、団信は入っています。

先に言っておきますと、夫婦関係は良好ですよ。けれど、「もしもなんらかの事情があって離婚をする場合」のことをまるっきり考えていないわけではないのです。その際に、共同名義にしておかない方が何かとスムーズに片付くのではないだろうかということは、お互いの頭の中に少しでもあったかとは思います。

けれどもそれは口には出さないで、土地と建物の名義を分けたのはひとえに「税金の関係上」というものです。一人に固定資産税が集中するのではなく、分散させる形で対応したかったのです。一人に税金が集中するとその分高くなるとも聞きましたので。

新築で一戸建てマイホームを建てて良かった点は、やっぱり「まっさらな状態からスタートできるー!」という気持ちの上での問題かも知れません。マイホームを新築で建てるという選択肢に決めるまでは、結構葛藤したのですけれど。まだ、新築マンションを選ぶ方が思い切りはなかったようにも思います。

実は、「中古住宅をフルリフォームをして住む」という選択肢もあったのですよね。けれども、ほぼ全てリフォームするのでしたら、新築でマイホームを建てるのとそこまで大きな開きがあるわけではないということがわかり、それで新築で一戸建てマイホームを建てることにしたのです。

しかし建ててみるといいものです。気持ちの問題だとは言えるのですが、新築ということで誰が使ったわけでもないバスルームやトイレ、それにキッチンにも嬉しくなりました。選択肢にあった中古住宅にしましても、一部の設備を残して入れ替えという案がありましたので、設備自体はまっさらな状態なのですけれどね。まあ、気持ちの問題です。そして、同じ費用を支払うのならば、やっぱり新築がいいということで。

GetMoney
健康マニアによる無病ライフ
英語上達の秘訣
サプリメント
ショッピングカート